この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

総合的にみて結局どちらがお得なのか?

経済的なメリットとは

ここまで見てきて通販で買うか店頭で買うかを決めるカギとなるのが、「安全、安心、信頼」であることは分かっていただけたかと思います。薬というものの性質上、以上の三点の条件が全て完璧に満たされていないところでは買うべきではないのです。

逆に言えば、それさえクリアになっていれば是非ともお安い通販を利用することはお勧めできます。というのは長く付き合うお馴染みの薬であればあるほど、実は安さというのは重要な要素だからです。一日二回二錠づつ摂るとしたら少なくとも二、三ヶ月で百錠以上は必要ということになりますよね。継続的に飲まなければいけない場合はそれ以上です。店頭ではそこまでたくさん入ったパッケージを売っていることは少ないですが、通販であれば大抵の場合可能です。上手に使えば経済的なメリットが得られます。

安心材料というコストをかけること

経済的メリットがあったとしても、パソコンが苦手であったり個人情報の管理が気になったりして通販を使うことに抵抗がある人というのも存在するものです。不安があっても通販の相談窓口の人が親切だったりして、慣れていけそうであればそのまま使ってみても良いと思います。しかしこのような不安から通販を使うことにストレスを感じるようであれば、多少割高でも店頭に買いに行く方が良いでしょう。

薬を買う上で重要なのはまず、自分が安全確認をできる状態でいることです。ですから店頭で買う方が高くても、自分にとっての安心材料を買うコストだと思ってください。安心して薬を使うことこそがあなたにとって、一番の健康管理につながることなのです。