この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

薬の店舗販売のメリットとデメリット

フェイストゥフェイスで買い物できる安心感

やはり薬は、自分や大切な人の健康に直接かかわるアイテムですから慎重に買い物をしない人はいないでしょう。ですので、この薬局に行けばこの薬剤師さんがいて色々と相談にも乗ってくれるから安心できる、というような相互の信頼関係は薬の購入では本当に欠かせないものです。

もちろん通販にも薬剤師が常駐していますし、顔を見ないからこそ相談しやすいという現実もあることはあると思います。しかし薬を購入しようという時のあなたは、必ずしも完全に健康な状態ではない場合があるのではないでしょうか?その際に信頼できる専門家のアドバイスを聞きながら薬を選ぶことができれば、判断を誤ることは少ないので気持ちの負担が随分違うことでしょう。

敢えて存在するデメリットとは

症状の種類や症状が出た体の部位によっては、外に出て買いに行きたくなかったり人前で自分の症状を説明することに抵抗があったりする場合もあります。その際に通販の存在を知らずに薬を注文することができず、店舗からも足が遠のいてしまうのではどんどん辛くなっていってしまいますね。ネット通販ならば顔を見ずにメール等で薬剤師に相談でき、適切な薬を紹介してもらえます。大概その日のうちか、かかってもとても短い日数で届けてもらえるでしょう。ですから症状を長期間ガマンする必要はありません。

敢えて店頭販売のデメリットを挙げるとするならば、そんなところでしょうか。店頭と通販、両方を上手に使い分けられると一番良いのかもしれません。